トラブル解決のための情報サイトです。

交通事故の法的トラブルと弁護士

9月 28th, 2014 at 4:55 PM

逸失利益は貰えるのか

交通事故で後遺症が残ると後遺障害等級に認定されて、その等級によって逸失利益などが計算されるようになります。

逸失利益というのは後遺症で労働能力が低下することによる不利益を賠償して貰うものです。

ですから逸失利益 高齢の場合は、働ける年齢などを超えていたりする場合には基本的は逸失利益は発生しません。

しかし、交通事故前に実際に働いているなどの事実がある場合には、その収入が労働によって入ってくる場合には、逸失利益が発生することもあります。

ですから、最初からあきらめるのではなく専門家などに相談することも大事なことなのです。

 

comments コメントは受け付けていません。    -
8月 24th, 2014 at 6:27 PM

主婦の場合の賠償額

最近は共働きをしている家庭が増えているのではないでしょうか。

収入が上がらない状態が長く続いたこともあって、共働きをしないとやっていけないということもあるのかもしれません。

もちろんパートで働く人というのはかなり昔からいたと思います。

そんなパートや主婦だけをやっている方が交通事故に遭ったとしたら、そして後遺症が残った場合に収入の減少などが考えられるために支払われる逸失利益はどうなるのでしょうか。

逸失利益 主婦の場合ですが、パートであっても基本的には一般的な平均収入から算出することになります。

パートでは平均収入にいかないでしょうから、こちらを適用したほうが断然良いというわけです。

 

comments コメントは受け付けていません。    -
7月 25th, 2014 at 1:46 PM

示談交渉の構図

交通事故は被害者、加害者がいる場合には双方の話し合いで損害賠償が決定します。
ただし、任意保険に加害者が加入している場合には加入している保険会社が損害賠償などを提示してきます。
そうなると通常の交通事故 示談交渉は被害者が加入している保険会社対被害者ということになります。
被害者がよほど交通事故について詳しいなどでなければ保険会社から交渉に来る人には太刀打ちできないのが実情ではないでしょうか。
ですから交通事故の被害者は弁護士などに相談する必要が出てくるわけです。
ただし、軽い怪我などのように損害賠償額も限られた金額にしかならない場合は、弁護士代のほうが高くつくこともあります。

comments コメントは受け付けていません。    -
6月 26th, 2014 at 2:37 PM

子供の入院

自分の子供が交通事故に遭ったとしたら気が気ではありませんよね。

交通事故で入院するような怪我を負うこともありますが、子供の場合は付添が必要になります。

ですから交通事故 入院付添というのは、本来は事故がなければ発生しなかったわけですので、付添の費用も損害賠償として支払われることになります。

実際に子供としては12歳以下の場合とされていますので、それ以上の年齢の場合には発生しません。

また、子供は付添が必要ですが、大人などで特段、医師などから付添をするように言われていない場合は損害賠償の対象外ですので注意しましょう。

 

comments コメントは受け付けていません。    -
5月 27th, 2014 at 11:26 PM

併合とは

交通事故で怪我をした場合に、それが完治しない怪我であったときに後遺障害等級認定が必要になってきます。

後遺障害等級認定では、後遺症の箇所が1か所だけでない場合に後遺症 併合ということで等級があがることがあります。

交通事故のような衝撃が激しいものというのは、怪我の箇所も一か所だけとは限りませんよね。

ですから等級をあげることで損害賠償も高くなるようになっているわけです。

もちろん後遺症の度合いが大きいほど等級があがるのも多くなり、5等級以上の後遺症が2つ以上ある場合には等級が3つ繰り上がることになります。

comments コメントは受け付けていません。    -
4月 28th, 2014 at 10:01 PM

専業で家事従事者の損害とは

意外と世の中の男性は家事について下に見ている部分があるのではないでしょうか。

実際に主婦業というのは時間的には自由度があるものの、やるべきことは多々ありますから結構大変な仕事とも言えます。

もちろん法律的にも交通事故がで怪我を負ったなどで家事が出来ない場合は、休業損害として認められます。

休業損害 家事が認められると言っても現実的な収入はパートで働いていたとしても、それほどありませんから女性の平均賃金から割り出すことになります。

外に働きに出ているのと変わらない損害賠償を受けることが出来るわけです。

主婦の場合は、定時というものが無い分かなり大変な仕事と言えると思います。

comments コメントは受け付けていません。    -
3月 25th, 2014 at 9:09 PM

ルールの徹底が大事

交通事故というのは突然発生しますが、それでも死亡事故などはそうそう起きるものではありません。

例えば交通事故 千葉での死亡者数は県警などのホームページで確認することが出来ます。

全国の事故件数を比べても前年よりも減っていますから、交通事故は年々減少傾向にあるとも言えますね。

しかし残念ながらそれでも犠牲者が出てしまいますから交通事故はやっかいなのです。

交通事故を起こさないようにスピードの出しすぎ、安全確認、交通ルールの徹底などを怠らないように日々気をつけたいですね。

もちろん事故が起きても最小限にとどめるようにシートベルトなどの着用も忘れずに行いましょう。

comments コメントは受け付けていません。    -
2月 18th, 2014 at 1:52 PM

損害算出の本

交通事故の損害賠償というのは、自賠責保険から支払われるもの、任意保険から支払われるものがありますが、実際に損害賠償額には基準があります。

自賠責保険基準、任意保険会社の基準、裁判基準とありますが、裁判基準がもっとも高くなります。

また裁判基準は赤い本 青い本というものを参考にして算出されますが、一般的に保険会社基準と比べると倍以上違うことも多いため、事故の損害が大きいような後遺症が残るような場合には弁護士などに依頼して損害賠償請求することが大事になってきます。

もちろん裁判なども視野に入れても良いかもしれませんね。

comments コメントは受け付けていません。    -
1月 26th, 2014 at 10:36 PM

後遺症の慰謝料

後遺症が残るというのは怪我をすると結構あったりします。 もちろんリハビリなどで克服するスポーツ選手などもいますよね。 ただし、完治しない、長く完治する見込みがないから後遺症となるわけですから、通常は後遺症となると一生残るという形になります。 交通事故の場合、後遺障害というものに認定されることで損害賠償などでも後遺症の賠償がされるようになります。 認定されなければただの傷害としての賠償になってしまいますので安くなってしまいます。 例えば後遺障害 10級の場合は慰謝料でも裁判基準で550万円と高額になります。 他にも逸失利益などもありますから、総額はかなりの額になってきます。

comments コメントは受け付けていません。    -
12月 25th, 2013 at 2:06 PM

後遺障害の認定では弁護士

交通事故で怪我をするという場合に懸念されるのが、後遺症が残ってしまうということがあります。

車などにぶつかるということはスピードなどにもよりますが、ぶつかるときのエネルギーはかなりのものになりえますから、怪我も軽くはない場合があるわけです。

交通事故で後遺症 弁護士に相談することも大事かもしれません。

損害賠償などの金銭面はもちろんですが、適切な後遺障害等級に認定されるかどうかなどの問題もあるからです。

怪我の治療などは当然医者が一番詳しく知っていますが、交通事故の後遺症認定に関してはそれほど知識がないこともあり、後遺障害認定の書類作成などで適切なものにならない場合もありえるからです。

comments コメントは受け付けていません。    -