トラブル解決のための情報サイトです。

交通事故の法的トラブルと弁護士

2月 18th, 2014 at 1:52 PM

損害算出の本

交通事故の損害賠償というのは、自賠責保険から支払われるもの、任意保険から支払われるものがありますが、実際に損害賠償額には基準があります。

自賠責保険基準、任意保険会社の基準、裁判基準とありますが、裁判基準がもっとも高くなります。

また裁判基準は赤い本 青い本というものを参考にして算出されますが、一般的に保険会社基準と比べると倍以上違うことも多いため、事故の損害が大きいような後遺症が残るような場合には弁護士などに依頼して損害賠償請求することが大事になってきます。

もちろん裁判なども視野に入れても良いかもしれませんね。

comments コメントは受け付けていません。    -
1月 26th, 2014 at 10:36 PM

後遺症の慰謝料

後遺症が残るというのは怪我をすると結構あったりします。 もちろんリハビリなどで克服するスポーツ選手などもいますよね。 ただし、完治しない、長く完治する見込みがないから後遺症となるわけですから、通常は後遺症となると一生残るという形になります。 交通事故の場合、後遺障害というものに認定されることで損害賠償などでも後遺症の賠償がされるようになります。 認定されなければただの傷害としての賠償になってしまいますので安くなってしまいます。 例えば後遺障害 10級の場合は慰謝料でも裁判基準で550万円と高額になります。 他にも逸失利益などもありますから、総額はかなりの額になってきます。

comments コメントは受け付けていません。    -
12月 25th, 2013 at 2:06 PM

後遺障害の認定では弁護士

交通事故で怪我をするという場合に懸念されるのが、後遺症が残ってしまうということがあります。

車などにぶつかるということはスピードなどにもよりますが、ぶつかるときのエネルギーはかなりのものになりえますから、怪我も軽くはない場合があるわけです。

交通事故で後遺症 弁護士に相談することも大事かもしれません。

損害賠償などの金銭面はもちろんですが、適切な後遺障害等級に認定されるかどうかなどの問題もあるからです。

怪我の治療などは当然医者が一番詳しく知っていますが、交通事故の後遺症認定に関してはそれほど知識がないこともあり、後遺障害認定の書類作成などで適切なものにならない場合もありえるからです。

comments コメントは受け付けていません。    -
11月 25th, 2013 at 12:28 PM

交通事故で家の改築

例えば交通事故のせいで歩行が困難になるなどの後遺症を負うことも考えられますよ。

後遺症が残るということはそのことに対しての損害を賠償して貰うことになりますが、歩行が困難になるということは普段の生活も困難になってくるということです。

家で生活するのも大変だったりしますから、生活を楽にするために交通事故 改築が認められたりもします。

バリアフリーにするなどの費用のことですね。

ただし、改築をすることによって、他の家族にもメリットがあったり利益が産まれることも考えて、改築費用の一部だけが認められるなどの場合が多いようです。

comments コメントは受け付けていません。    -
10月 25th, 2013 at 11:10 AM

高次脳機能障害について

交通事故で頭などに強い衝撃を受けると後遺症が残ってしまう場合があります。

人間にとって頭は体などに様々な命令を出す場所ですから、非常に重要なところですね。

衝撃によって脳のずれなどによって高次脳機能障害という後遺症になる場合があるのです。

もちろん症状には軽いものから自分で生活するのも困難な重度な場合まで範囲は広く、交通事故で後遺症として認められる後遺障害等級も人それぞれ違います。

頭を強く打った場合には、以前と変化がないか慎重に見ることも重要なことになります。

また、後遺症ですので、きちんとした損害賠償を求めることも重要になってきます。

comments コメントは受け付けていません。    -
9月 20th, 2013 at 9:24 PM

高齢な場合の逸失利益

交通事故で後遺症が残ると後遺障害等級に認定されて、その等級によって逸失利益などが計算されるようになります。

逸失利益というのは後遺症で労働能力が低下することによる不利益を賠償して貰うものです。

ですから逸失利益 高齢の場合は、働ける年齢などを超えていたりする場合には基本的は逸失利益は発生しません。

しかし、交通事故前に実際に働いているなどの事実がある場合には、その収入が労働によって入ってくる場合には、逸失利益が発生することもあります。

ですから、最初からあきらめるのではなく専門家などに相談することも大事なことなのです。

comments コメントは受け付けていません。    -
8月 23rd, 2013 at 5:16 PM

主婦の逸失利益

最近は共働きをしている家庭が増えているのではないでしょうか。

収入が上がらない状態が長く続いたこともあって、共働きをしないとやっていけないということもあるのかもしれません。

もちろんパートで働く人というのはかなり昔からいたと思います。

そんなパートや主婦だけをやっている方が交通事故に遭ったとしたら、そして後遺症が残った場合に収入の減少などが考えられるために支払われる逸失利益はどうなるのでしょうか。

逸失利益 主婦の場合ですが、パートであっても基本的には一般的な平均収入から算出することになります。

パートでは平均収入にいかないでしょうから、こちらを適用したほうが断然良いというわけです。

 

comments コメントは受け付けていません。    -
7月 20th, 2013 at 12:08 PM

過失を主張される場合

交通事故でトラブルになる事例としては、過失相殺などがあることから責任を逃れようと加害者側が被害者の過失を高めようと証言するなどもあります。

もちろん中には交通事故が死亡事故となり、被害者がまったく反論できない状況で相手にも過失があったと主張するようなこともあるのです。

そういった死亡事故 弁護士に相談や依頼することも必要になってくると思います。

もちろん事故が起きた時に、周りに目撃者などがいれば、そういった加害者の主張というのは覆せるなどもありますから、事故当時の状況把握というのは大事な要素になってきますね。

comments コメントは受け付けていません。    -
6月 23rd, 2013 at 10:44 PM

無職の場合の休業損害

交通事故での怪我というのは被害者の場合に、仕事を休まざる負えないということで休業損害が発生しますね。

では休業損害 無職の場合はどうなるのでしょうか。

無職ということは収入が無い状態です。

ですから休業損害は基本的に発生しません。

就職先がが決まっていて、その怪我のせいで就労が遅れたなどであれば別な話となります・

もちろん労働以外の収入がある人もいるかと思いますが、この場合は労働出来なくなったことへの損害賠償になりますので、そういった収入があっても休業損害にはなりません。

当然、そう言った収入は休んでいても入ってくる収入ですからね。

comments コメントは受け付けていません。    -
5月 20th, 2013 at 3:27 PM

逸失利益について

後遺症が残った場合というのは交通事故の場合、後遺障害等級認定が必要になってきます。

この等級認定が行われて初めて後遺症としての損害賠償になってきます。

その中でも金銭的に高くなる傾向にあるのが逸失利益と言われるものですが、これは後遺症によって今までのように仕事が出来なくなることで発生する損失の賠償ということになります。

逸失利益 例で言えば収入が高い人ほど当然賠償額も高くなりますが、実際の労働での収入ではない場合には後遺症が残ったからといって損害は発生しませんので逸失利益を算出するさいには対象外になります。

 

comments コメントは受け付けていません。    -